よくある質問

Q1:鍼は痛くないのですか?
A1:痛くないです。鍼灸で使用する鍼は注射針と違い、極細の鍼を用います。太さは髪の毛程度の太さです。

    管に鍼を通してトントンしながら行うため、痛みを感じにくい構造になっています。

              どうしても刺されるのが怖い方には、刺さない鍼もありますので、安心してお越しください。

 

Q2:鍼を刺して血は出ないのですか?
A2:治療で使用する鍼はとても細いうえ、皮膚を切らずに皮膚をかき分けて刺入されるため皮膚自体は原則切れていません。

              切れていないため血も出ません(毛細血管に当たると少量の出血が見られることがあります。軽く押さえたらすぐに止まります

              のでご安心ください)。

 

Q3:鍼のあと、お風呂やサウナに入ってもいいのですか?
A3:治療で使用する鍼はとても細く、鍼を抜いた後は一瞬で皮膚がふさがりますので入浴しても差し支えありません。ただ、

              治療後は、血流がアップしていますのでお風呂やサウナなどは治療後1時間ぐらいしてから入ったほうがいいと思います。

 

Q4:鍼はなぜ効くのですか?
A4:まず、鍼を刺すと血流が上がります。血流が上がると体温が上がり、免疫力も向上します。結果として、自然治癒力を最大限に

              引き出すお手伝いができると考えています。

 

Q5:どれくらい通院したら治るのですか?
A5:お身体の状態を診せていただいた上で、患者さんお一人おひとりに合わせた回数や頻度をご提案させていただいています。

 

Q6:鍼はつかいまわしなのですか?
A6:当院の鍼はすべてディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しております。

    また、安全性を考慮して、国内で生産された鍼のみを使用しております。

 

Q7:鍼をして病気がうつることはないのですか?
A7:当院の鍼はすべてディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しております。また、鍼以外の治療器具や鍼を置く容器等も、

     オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を用いてすべて滅菌済みのものを使用しておりますのでご安心ください。

 

Q8:鍼はどれくらいの深さまで刺すのですか?
A8:お身体の状態や、刺す場所によって深さは変えています。例えば手や足などでは5mm前後ですし、背中は肺があるため深くは

              刺しません。お尻や腰などの深い部分の筋肉の緊張を緩和させる目的で深く刺すこともあります。これも、お身体の状態を診せて               いただいてから方針をお伝えしたいと考えています。

              どうしても怖い方は、刺さない鍼もご用意していますのでご相談ください。

 

Q9:来院時の服装や持ち物は?
A9:当院では、施術着をご用意させていただいておりますのでどのような服装でもかまいません。

     持ち物も特にご用意いただかなくて大丈夫です。

 

Q10:風邪をひいているのですが鍼をしても大丈夫ですか?
A10:大丈夫です。風邪のときに鍼灸治療をすることで、血流が上がります。血流が上がることで体温が上がり、免疫力も向上

                 します。とくに、熱があまり出ずになかなか治らない風邪には有効です。

                 ただ、治療後に発汗するため帰宅後は安静にする必要があります。