ひよこサロンについて

基本理念

当サロンは、お身体の痛いところだけではなく、全体を診て全身に鍼灸治療を行います。

その結果として、自己免疫力改善や代謝向上を促すことになり、活動しやすい健康的な身体になるお手伝いをさせていただきます。

 

常に相手の立場に立ち、患者さんの心身に寄り添い誠意を尽くします。

心身ともに、健康でハッピーになれるお手伝いをさせていただきます。

1人ひとりに合わせた、オーダーメイドの治療法をご提案させていただきます。

女性ならではのお悩みをぜひご相談ください。

また、マンツーマンの施術を行っておりますので、ほかの方に話を聞かれる心配もございません。安心していらしてください。


鍼はなぜ効くの??

鍼の効果は、科学的にも証明されていますが、ここではわかりやすく説明します。

 

鍼を身体に刺したとき、身体は鍼を「異物だっ!」と認識します。その結果、身体を守ろうとして免疫機能が作動します。鍼が免疫機能のスイッチを押すわけですね。

 

その結果、身体の修復をする働きを持つ白血球やリンパ球を集めてくれます。

 

つまり、鍼をすることで「あなたの身体はここが悪いですよ!!」と免疫機能を持つ白血球達に旗を立てて教えてくれるのです。すると、本来備わっている自己免疫力で自身の身体を修復し始めてくれます。身体への負担も少なく、自然に近い治療法です。

 

そのほか、痛みを緩和する「脳内モルヒネ」というエンドルフィンを鍼刺激で分泌させることができることが研究からわかってきました。鎮痛や鎮静の効果があり、気持ちいいという感覚をも引き起こしてくれます。自己免疫力も増強させる効果があります。

 

 

さらに、ただ鍼灸治療をするだけではなく、養生(ようじょう)も大切です。

 

養生とは、日常生活のなかで病気にならないための食事・運動・休息・睡眠の方法です。

先人の知恵と経験に基づく健康法のことです。

治療後は無理をせずご自身をいたわってください。

鍼灸治療によって身体の循環を改善して免疫力を高め、毎日の疲れをためないように養生して健康的な身体をつくりましょう!


施術者紹介

【プロフィール】

1973年3月    沖縄県沖縄市にて生まれる(両親は二人とも沖縄人なので純血の沖縄人)

1973年~2006年  埼玉県草加市・川口市で育つ。

1995年1月    大学在学中にオートバイで帰宅途中、車とぶつかり左ひざ下の複雑骨折をする。

           治らないといわれていた足の傷を全盲の鍼灸師と出会い、治してもらう。

           全身治療の結果、小児のころから苦しんだ喘息も完治した。

           ここから、鍼灸の世界に傾倒する。

 

2001年~2006年  都内や神奈川県内の鍼灸接骨院、鍼灸マッサージ店で勤務。

2004年          東京医療専門学校 夜間専科(鍼灸科)を卒業し、

           はり師・きゅう師免許を取得する。

           往診開始。

2006年       東京衛生学園専門学校 臨床教育専攻科を卒業し、

           はりきゅう師の教員免許を取得する。

2006年~2014年 鍼灸の専門学校で8年間、専任教員として勤務する。

          担当教科実績「はり実技」「きゅう実技」「臨床実習」「臨床医学総論」

                「徒手検査学」「解剖学」「医療面接」「生物学」

 

2016年             ひよこ鍼灸サロン開業

2017年現在     臨床歴13年

           もうすぐ5歳のおにいちゃん、ぴかぴかの3歳のいもうとちゃんの育児奮闘中

 

 【所属団体】

   全日本鍼灸学会

   日本鍼灸師会

   三重県鍼灸師会

   日本刺絡学会

  

【自己紹介】

名 前:倉田 あかね

血液型:O型

星 座:3月生まれの牡羊座

性 格:さっぱりとしており、猪突猛進型です。

    責任感とチャレンジ精神は高いです。

    人が大好きで涙もろいところがあります。

    身体は丈夫ですが、痛みには弱いです。2回の出産はホントにつらかった…

    (はりとお灸の刺激は大好きです!)

                ちなみに、二人とも帝王切開です。帝王切開は、出産後が苦しいです。

    子どもと楽しく遊べる公園を開拓することが最近のブームです。

 

[学生時代]

    父親の影響で理系志望。大学では化学を専攻し卒後研究職に就く。

 

[転換期]

    大学在学中に起こした交通事故により鍼灸のお世話になり、自らの人体の奇跡に触れ、

    そこから鍼灸の世界にはまり込んでいく。

    鍼灸を学びたい気持ちを抑えて化学メーカーに入社後、5年間研究職を続けた。

    三重県の企業と合同研究して、特許を出願した。

    【特許の名称】光触媒用酸化チタン塗膜形成性組成物及びその製法

    (旧姓の上間あかねで出ています)

 

    その後、受験勉強をして鍼灸の専門学校を目指した。

    (当時は、鍼灸学校の数が少なく狭き門であったのです。)

 

[鍼灸専門学校時代]

    鍼灸の専門学校に入学。夜間の学校に通いながら、昼間は接骨院や鍼灸マッサージ店などで

    患者さんへの対応の仕方など、研鑽を積む。

    鍼灸学校の教育にも興味を持ち始め、臨床を続ける傍ら高校で非常勤講師の仕事も始める。

    その後、アドバンスコースのはり師・きゅう師教員養成課程に進み教員免許を取得。

 

[専任教員時代]

    小学校から会社員を退職するまで30年間過ごしてきた埼玉県から、東海地方の専門学校の

    専任教員になるために、5年間だけという約束で就職。

    そのままこの地で結婚し、8年間勤めあげる。

 

[現在]

    子育て中で手がかかるからこそ、自宅の近くで開業したいという気持ちが強くなる。

    自分の経験をもとに、女性の悩みを解消するお手伝いをしたい、妊婦さんや授乳中の痛みや

    辛さに悩むお母さんに寄り添い、症状を改善させるお手伝いをしたいと考え、開業を決意

    する。

    2016年の1月からじっくりと開業準備を進め、同年10月にプレオープン(週2日のみ開院)。

    

    同年4月より三重県内の中高一貫教育の進学校にて化学の非常勤講師もしていました。

    鍼灸院の開業準備と、高校化学の非常勤講師という、二足のわらじをはいてなんとかやりく

    りしていました。

                2017年3月をもちまして、高校化学の非常勤講師の職を終えました。

    2017年4月より、ひよこ鍼灸サロンでフルに勤務します。よろしくお願いします。

 

    これまで、いろいろな人生経験、社会経験を積んできました。

    だからこそ、生活指導も幅を持たせた形でお伝えすることができます。

    一人で悩まず、ぜひひよこ鍼灸サロンまでご相談にいらしてください。


           【研究発表】

 

「ステンレスディスポーザブル鍼の物理特性~物理特性と使用感の関連~」

全日本鍼灸学会雑誌56(3),219(2006)

 

「ステンレスディスポーザブル鍼の物理特性(第2報)」

全日本鍼灸学会雑誌,57(3),160(2007)

 

シリコンコーティング処理による鍼の刺入感覚の評価

全日本鍼灸学会雑誌,58(3),501(2008)

 

「企業内における鍼灸治療の需要に対する調査」

全日本鍼灸学会雑誌,59(3),327(2009)

                 

「企業内における鍼灸治療の需要に対する調査(第2報)」

全日本鍼灸学会雑誌,60(3),525(2010)

(旧姓の上間あかねで出ています)